朴氏“逮捕”巡る判断は 注目の裁判所審査は30日

03/27 17:31 更新

 朴槿恵(パク・クネ)前大統領の逮捕状を請求。30日に裁判所が審査します。  韓国の検察は一連の国政介入事件を巡り、収賄などの疑いで朴氏の逮捕状を請求しました。大統領の地位と権限を利用するなど事案が非常に重大で、多くの証拠があるにもかかわらず、朴氏は容疑を否認し、証拠を隠滅する恐れがあるとしています。また、贈賄側とされるサムスン電子副会長など他の被告らとの公平性を保つためとも説明しています。ソウル中央地裁は30日に審査を行い、逮捕が妥当と判断すれば朴氏は勾留されることになります。