ロンドンで三井不動産が大規模再開発 施設を公開

11/16 14:54 更新

 イギリスのロンドンで、日本の不動産会社が大規模な再開発を進めて完成させた住宅などの複合施設が公開されました。  日本の三井不動産は432戸の分譲住宅にオフィス、レストランなどが入る複合施設を整備しました。住宅の価格は代表的なもので約1億4000万円で、すでに9割の部屋が販売済みです。  英国三井不動産・小野沢英一郎社長:「使い勝手を良くする間取りですとか、細かいところに気を使っていまして、それがお客様にご好評頂いていると」  三井不動産は今後、さらに住宅やオフィスを建設する計画です。