トランプ氏 “ロシア疑惑”の回答書「自分で作成」

11/17 07:01 更新

 おととしのアメリカ大統領選挙に関する、いわゆる「ロシア疑惑」で、トランプ大統領は捜査当局の質問に対して「自分で回答の書面を作成した」と話しました。  トランプ大統領:「弁護士ではなく、私が回答を書いている。まだ提出していない、終わったところだ。ちょっと忙しかったんだ」  ロシア疑惑の捜査では、ミュラー特別検察官がトランプ大統領から直接、事情を聴くことについてトランプ大統領の弁護士らが難色を示していて、書面でのやり取りを求めていました。トランプ大統領は16日に弁護士ではなく、自分が回答し、すでに書面を作成したと話しました。アメリカメディアはトランプ大統領が今週、ほとんど毎日、弁護士と協議を重ねていたと報じていて、捜査は大詰めを迎えることになります。回答書の内容は、トランプ大統領側の要望でロシアとの共謀に関する質問に限定されるということです。トランプ大統領がFBI(米連邦捜査局)のコミー前長官を解任するなどした司法妨害の疑惑は含まれない形になります。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2018