米国務省「非核化が先だ」 南北共同宣言受けて

09/21 10:32 更新

 南北首脳会談の共同宣言で北朝鮮がアメリカ側の措置に応じて核施設を廃棄すると表明したことに対し、アメリカ国務省の報道官はあくまで「非核化が先だ」と述べました。  米国務省・ナウアート報道官:「前から言っているが、非核化なしでは何も起こり得ない。非核化は最初に来なければならない」  アメリカ国務省のナウアート報道官は20日、南北首脳会談の共同宣言で北朝鮮の寧辺(ニョンビョン)にある核施設を廃棄する条件とされたアメリカ側の措置について問われ、北朝鮮の非核化を先に求める考えを改めて示しました。しかし、記者から「相応の措置はないということか」と聞かれると「非核化は実現しなければいけないものだ」と明言を避けました。南北首脳会談自体については「定期的な対話を持つための正しい一歩だ」と評価しています。