140人が乗ったフェリーが防波堤に衝突 その瞬間…

04/23 11:58 更新

 大西洋にあるスペイン領のカナリア諸島で、140人の乗ったフェリーが防波堤に突っ込み、乗客13人がけがをしました。  フェリーがゆっくりと防波堤に向かって進んでいます。方向を変えることなく、フェリーは防波堤に突っ込みました。防波堤は崩れ、道路にその一部が散乱して、走行中の車も急停止してしまいました。ロイター通信によりますと、21日、140人の乗ったフェリーが電気系統の故障で停電になり、コントロールが取れなくなって今回の事故が起きたということです。乗っていた140人のうち13人がけがをしましたが、皆、軽傷だということです。この事故の影響で流出した油が約3キロにわたって海上に広がっていて、地元当局が除去作業を進めています。