ロンドン3人死亡テロ 「イスラム国」が犯行声明

03/24 05:55 更新

 ロンドン中心部で3人が死亡したテロ事件で、過激派組織「イスラム国」が事実上の犯行声明を出しました。  ロンドン警視庁はテロの実行犯について、イギリス中部のバーミンガム付近に住んでいたハリード・マスード容疑者(52)だと発表しました。マスード容疑者は過去に暴行や刃物の違法所持などで逮捕されていますが、テロの要注意人物には挙げられていませんでした。一方、過激派組織「イスラム国」系の通信社は「『有志連合の市民を標的にせよ』という呼び掛けに応じて実行した」とする事実上の犯行声明を掲載しました。イギリスメディアによりますと、男は犯行に使った車をバーミンガム市内のレンタカーの営業所で借りていたということです。マスード容疑者が事前に犯行を準備していた可能性もあります。警察は今回のテロに関連して、ロンドンやバーミンガムなど5カ所で家宅捜索をしています。