プーチン大統領 金永南氏と会談 米朝会談高く評価

06/15 05:57 更新

 ロシアのプーチン大統領は、北朝鮮のナンバー2とされる金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長と会談して米朝首脳会談を評価しました。  ロシア、プーチン大統領:「米朝首脳会談の開催を歓迎し、その結果を高く評価します」  プーチン大統領は、米朝首脳会談について「大規模な武力衝突を当面、回避し、平和的解決への展望を開くことになった」と述べました。また、「金正恩委員長を9月にロシアに招待し、会談したい」と伝えました。これに対して金氏は金委員長の親書を手渡し、サッカー・ワールドカップは「ロシアにさらなる栄光をもたらす」と応じました。