ルノー本社にも衝撃走る 日産・ゴーン会長に逮捕状

11/19 18:31 更新

 東京地検特捜部は日産のカルロス・ゴーン会長(64)に逮捕状を取りました。そのゴーン会長がCEO(最高経営責任者)を務めるルノーの反応です。  事情聴取を受けている日産のゴーン会長がCEOを務めるフランスのルノー本社も突然の事態に事実確認に追われています。広報担当者は「事実関係を確認中で現状、こちらからコメントできることはない」としています。ある社員はANNの問い合わせに対し、「何かの冗談を言ってるのか」と信じられない様子でした。また、ゴーン会長がトップを務めるフランスの自動車メーカー「ルノー」の株が6.2%急落しました。ヨーロッパメディアは過去3年で最安値を記録したと報じています。