まさかの首脳宣言断念 背景に米中の“泥沼応酬”

11/19 17:21 更新

 アメリカと中国の対立が思わぬ事態を引き起こした。  18日に閉幕したAPEC(アジア太平洋経済協力会議)で、議長国のパプアニューギニアが首脳宣言を断念する異例の事態が起きた。議長はアメリカと中国の対立に巻き込まれた結果だと明らかにした。米中の対立はまず貿易の問題。中国が知的財産権を侵害しているとするアメリカは、中国製品に制裁関税をかけて対抗。これを巡り、APECの関連会合で中国の習近平国家主席は名指しは避けつつもアメリカを批判。一方で、中国と各国との経済圏構想「一帯一路」についても発言した。罠とは、どういうことなのか…。同じ関連会合でアメリカのペンス副大統領は、一帯一路を念頭に批判した。アメリカは中国がインフラ整備で各国を借金漬けにし、不当に影響力を行使していると指摘する。この批判に中国外務省は「中国との協力で債務返済が困難に陥った途上国はない」とコメント。応酬に終わりが見えないなか、11月末からのG20にトランプ大統領と習主席は参加する予定だ。