香港で「逃亡犯条例」改正撤回求め「200万人」デモ

06/17 00:41 更新

 容疑者の中国本土への移送を可能にする条例案に反対する香港のデモは16日も行われています。主催者によりますと、約200万人の市民らが参加しています。  香港のデモは断続的に続いていて、12日には市民らと警官隊が衝突して80人以上が負傷しました。これを受けて香港の林鄭月娥行政長官は改正案の審議の「延期」を決めましたが、市民らは改正案の「撤回」を求めていて、16日に再び大規模なデモを行っています。デモは現在も続いていて、主催者によりますと、市民ら約200万人が参加しているということです。