【報ステ】北朝鮮を再び「テロ支援国家」 9年ぶり

11/21 23:30 更新

 アメリカのトランプ大統領は、9年ぶりに北朝鮮をテロ支援国家に再指定した。テロ支援国家に指定されると、経済支援が止められたり、金融取引が規制を受けたりする。ただ、すでに制裁が強化されている中では象徴的意味合いが強いという。ティラーソン国務長官は、圧力をさらに高める姿勢を強調した一方で、外交を通じて問題の解決を目指す考えも示した。国連北朝鮮制裁委員会・元専門家パネルメンバーの古川勝久氏は「このテロ支援国家指定は、トランプ政権が北朝鮮と交渉を始めるようなことになれば、将来、交渉カードとして使える。ただ、今の問題は、そこに至る道がどんどん細くなっているように見える」と分析する。