演習中のヘリがロケット弾を誤射“爆発”の瞬間

09/20 17:16 更新

 いきなり飛んできたのはロケット弾でした。  遠くから近付いてくるエンジン音。次の瞬間。ロシア西部で18日、演習中のヘリコプターがロケット弾を誤って発射し、歩いていた軍人の近くに着弾、爆発しました。現地メディアによりますと、この爆発の衝撃で3人が負傷し、そのうち2人が重傷ということですが、ロシア防衛省は「この発射によるけが人はいない」とコメントしています。ヘリコプターは本来、近くに置かれたカムフラージュネットで覆われたトラックなどを狙っていたということです。