仏両候補ニアミス マクロン氏に故郷でヤジの洗礼

04/27 18:48 更新

 決選投票が迫るフランス大統領選挙で、候補者同士の駆け引きが激しくなっています。  次の大統領の有力候補とされるマクロン氏が、生まれ故郷であるフランス北部アミアンの家電工場で従業員から激しい野次を受けました。閉鎖が決まっているこの工場には、ライバルであるルペン候補が直前に予告なしに訪れ、「マクロン氏が野蛮なグローバル化を推進している」と批判していました。世論調査で劣勢とされるルペン候補のなりふり構わない姿勢が浮き彫りになっています。