米・次期駐日大使にハガーティ氏 投資会社を創業

03/24 11:55 更新

 アメリカのトランプ大統領は、次期駐日大使に投資会社創業者のウィリアム・ハガーティ氏を指名すると発表しました。  ハガーティ氏は、大統領選挙中にトランプ氏の政権移行チームで政権発足時の人事を担当する重要ポストを務めました。経営コンサルタント会社で働いていた1980年代に、3年間東京で勤務した経験もあります。トランプ大統領は前任のケネディ大使を能力がないと酷評していたことから、ハガーティ氏の貿易や経済での交渉能力に期待しているとみられます。共和党幹部は、「これ以上ない人選であり、アメリカの国益と日米関係に貢献する」と評価しています。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2017