【報ステ】仏デモ2000人拘束 Xマス商戦にも大打撃

12/10 23:30 更新

 フランスのマクロン大統領の退陣を求める大規模デモが止まらず、クリスマス商戦にも深刻な影響が出ている。デモには約13万6000人が参加し、2000人近くが一時身柄を拘束された。パリ市内では多くの店で臨時休業となり、ロイター通信によると経済損失は約1200億円で、クリスマス商戦に暗雲が立ちこめている。事態の収束に向けマクロン大統領は日本時間11日午前4時、国民に向け演説を行うという。