「AI兵器」に国際ルールを 日本政府が見解文書

03/23 01:07 更新

 AI(人工知能)を搭載する兵器の開発について、日本政府は国際的なルール作りを呼び掛ける文書をまとめました。  文書は、25日からスイスで始まる国際会議に提出するために作成されました。文書で、日本は人間の意思を必要とせず、人を死に至らしめるようなAI兵器の開発について国際的なルールが必要だとしています。また、AI兵器にも人為的なミスの減少や省力化などの意義を認めていますが、人間の意思の関与が必要だとしています。日本政府は今後、フランスやドイツなど同様の考えを表明している国と協力し、国際的なルール作りを進めたい考えです。「殺人ロボット」などに応用されかねないAI兵器の研究開発は一部の軍事大国が先行していることもあり、各国の考え方に大きな隔たりが出ています。