香港政府「逃亡犯条例」改正先送りへ 地元メディア

06/15 13:22 更新

 香港から中国本土に容疑者の移送を可能とする条例改正案について地元メディアは、香港政府が成立の先送りを決めたと報じました。  香港から中国本土に容疑者の移送を可能とする「逃亡犯条例」に関しては、香港政府は12日に開催される議会に提出する予定でした。しかし、反対する市民らと警官隊の衝突が起き、80人を超える負傷者が出るなどの騒動となり、議会の開催は延期されていました。複数の香港メディアによりますと、香港政府の行政長官は「逃亡犯条例」の提出を一時、中断すると決めたということで、15日午後にも発表するとしています。市民側は、16日も大規模な抗議デモを予定しています。