トランプ氏、NATO離脱意向を周囲に漏らす 米報道

01/16 09:29 更新

 トランプ大統領が去年、NATO(北大西洋条約機構)から離脱する考えを示していたとアメリカのメディアが報じました。  ニューヨーク・タイムズは複数の政府高官の話として、トランプ大統領が去年、NATOから離脱したいと複数回、話していたと報じました。トランプ大統領は加盟国に国防費の負担増加を求めていて、7月に行われたNATOの首脳会合の際には「軍事的な同盟の目的が分からない」と漏らしたため、マティス前国防長官やボルトン補佐官らが公の場で離脱に言及しないよう説得したということです。専門家はトランプ大統領が離脱の意向を漏らしたことだけでもNATOの意義を損ない、ロシアの軍事的な脅威が大きくなることにつながると指摘しています。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2019