メイ首相大ピンチ 英議会がEU離脱案を大差で否決

01/16 08:00 更新

 イギリス議会でEU(ヨーロッパ連合)離脱案の採決が行われ、大差で否決されました。野党・労働党は内閣不信任案を提出し、メイ首相は窮地に追い込まれています。  EU離脱案の採決は賛成202票、反対432票の大差で否決されました。メイ首相は代替案を21日までに示すことになっていますが、反対派が納得するような修正の見通しは全く立っていません。離脱案の否決を受けて、野党・労働党は内閣不信任案の提出を表明しました。16日の投票で不信任案が通れば解散・総選挙の可能性もあり、「合意なき離脱」が現実味を帯びてきました。EUのユンケル委員長は、声明で「今後の方針をできる限り早く示してほしい」としましたが、「ほとんど時間切れだ」と釘を刺しています。