米が中国海運2社を制裁指定 北朝鮮の制裁逃れ加担

03/22 16:55 更新

 アメリカ政府は、中国の海運会社2社が北朝鮮による制裁逃れに加担していたとして制裁対象に指定すると発表しました。  アメリカ財務省によりますと、中国の大連に拠点を置く海運会社は北朝鮮の情報機関が運営する企業と協力して北朝鮮まで貨物を運んだということです。また、別の中国の企業はヨーロッパに駐在する北朝鮮当局者による物資の調達を支援していました。この2社は今後、アメリカとの取引が禁じられるほか、アメリカ国内の資産が凍結されます。また、北朝鮮が国連による制裁を逃れるため、海上で積み荷を移し替える、いわゆる「瀬取り」を続けていると指摘し、韓国の釜山、中国各地の港などが瀬取りの拠点になっている疑いがあると発表しました。