警察官3人が死亡 インドネシア首都で爆発 テロか

05/25 11:46 更新

 インドネシアで自爆テロとみられる爆発があり、容疑者を含む5人が死亡しました。爆発が起きたのは首都ジャカルタで、最初の爆発が東部にあるバスターミナル付近で起き、その近くの公衆トイレで約5分後に2回目の爆発が起きたということです。ジャカルタでは去年1月に、過激派組織「イスラム国」による爆発テロが起きていました。  爆発は24日午後9時ごろに起きました。地元メディアによりますと、爆発現場の近くではパレードが行われる予定で、警備のために多数の警察官が配置されていました。これまでに警察官3人が死亡し、自爆したとみられる容疑者2人も死亡しました。また、警察官5人を含む10人がけがをしたということです。これまでのところ、犯行声明は出されていませんが、捜査当局は警察官を狙ったテロとみて調べを進めています。ジャカルタでは去年1月、男らが爆弾を爆発させたうえ、銃を乱射して市民ら4人が死亡する事件が起きています。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2017