親子引き離されても… トランプ氏国境警備を強化へ

06/20 17:06 更新

 アメリカで移民に対する強硬な政策で、移民の子どもが親から引き離されているとして批判が高まるなか、トランプ大統領は国境警備を強化する考えを示しています。  アメリカではこれまで、成人の不法移民を拘束した場合、裁判所の決定まではいったん、釈放していましたが、トランプ政権は4月、訴追して拘束を続ける方針に転換しました。このため、訴追された親が拘束される一方で、子どもは訴追されないため、国内の別の施設で保護されることになり、親子が引き離されるケースが相次ぎました。国土安全保障省によると、5月末までの約1カ月半で2000人ほどの子どもが大人から引き離されたということで、国内では議会を中心に批判の声が高まっていました。  トランプ大統領:「我々には壁がない、国境の安全がない。国境がなければ国ではない」  トランプ大統領は、政策を変更する姿勢は見せておらず、引き続き、壁の建設などにより国境の警備強化を目指す考えを示しています。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2018