EU首脳会議が条件付き延期承認 英離脱期限5月22日

03/22 11:49 更新

 EU(ヨーロッパ連合)は21日の首脳会議で、イギリスの離脱期限を5月22日まで延期することで一致しました。ただ、イギリス議会で離脱案が否決された場合は来月12日が期限となります。  イギリス、メイ首相:「今が決断の時だと皆が同意してくれることを希望します。そして、合意に基づき、EU離脱をし、国を前進させるために私は全力を尽くしていくつもりです」  EU首脳会議は予定を大幅に超えて7時間以上にわたって議論を続け、当初、29日に迫っていた離脱期限を5月22日に延期すると発表しました。ただし、来週に行われるイギリス議会で離脱案が可決されることが条件です。否決された場合は新たな期限が来月12日となり、それまでにイギリスが代替案を示せなければ「合意なき離脱」となる恐れがあります。