「自由朝鮮」が動画公開 金主席らの肖像画を破壊

03/22 05:57 更新

 殺害された金正男(キム・ジョンナム)氏の息子を保護したと主張している団体が北朝鮮の指導者の肖像画を投げ付けて破壊する動画を公開しました。  「自由朝鮮」を名乗る団体が公開した映像には、モザイク処理された人物が金日成主席と金正日総書記の肖像画を壁から取り外し、床に投げ付ける様子が記録されています。その後、ハングルと英語で「金日成・金正日・金正恩神格化を打倒する」「祖国のために我々は立ち上がる。自由朝鮮万歳」との字幕が流れます。自由朝鮮は、マレーシアの北朝鮮大使館の外壁に「金正恩打倒」などと落書きがされた事件にも関与しているとみられ、その際もホームページに「静かに自由を渇望する」などのメッセージを載せていました。