非核化の具体策協議か 2日目の南北首脳会談開始

09/19 10:31 更新

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩委員長は、平壌で2日目の首脳会談を始めました。非核化の具体策などを協議しているとみられます。ソウルの南北首脳会談プレスセンターから報告です。  (高橋政光記者報告)  18日は歓迎行事やパレードなど北朝鮮の熱烈な歓迎ぶりが目立ちましたが、19日は首脳会談でどこまで踏み込んだ結論を出せるのか、その内容が問われます。2日目の会談は文大統領が宿泊している迎賓館に金委員長が訪れ、午前10時ごろに始まりました。会談での合意内容は南北両首脳が共同記者会見で発表する可能性があります。南北の軍事的緊張緩和策に加え、非核化に関してもアメリカに対するメッセージが含まれる見通しです。そして、文大統領は昼食に平壌名物の冷麺を食べた後、国連の経済制裁の対象になっているアトリエを視察します。夕食は文大統領が希望していた平壌市民に人気のシーフードレストランを訪れ、夜には15万人を動員した集団体操の公演を鑑賞するということです。南北融和を米朝の非核化交渉につなげることができるのか、19日にも今後の見通しが分かってきそうです。