CNN記者証取りあげ 記者証返還を命令 連邦地裁

11/17 05:51 更新

 トランプ大統領と記者会見で言い争いになって記者証を取り上げられたCNNテレビの記者が不当だと訴えていた問題で、連邦地方裁判所はホワイトハウスに対して記者証を記者に戻すよう命じました。  CNNのジム・アコスタ記者は7日の記者会見でトランプ大統領と言い争いになった際、マイクを渡すよう求めたホワイトハウスのスタッフの腕に触れたとして記者証を取り上げられました。CNNとアコスタ記者は「報道の自由の侵害にあたる」として、トランプ大統領らを相手取って提訴しました。これを受けて連邦地方裁判所は16日、ホワイトハウスに記者証を記者に戻すよう仮処分を決定しました。  CNN、ジム・アコスタ記者:「私たちを応援してくれたメディアの仲間とこの決定を出した判事に感謝したい。仕事に戻ろう」  ホワイトハウスは記者証を一時的に返還する意向を示しました。また、トランプ大統領は次のように述べました。  トランプ大統領:「礼儀が大切だ。3問も4問も受け付けられない。座らずに質問を続けてはいけない」  さらに「記者会見に関する規則を作る」と述べました。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2018