韓国ロッテ会長に懲役2年6カ月 韓国汚職事件で

02/14 00:05 更新

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領の親友による国政介入事件で、贈賄の罪などに問われた韓国ロッテグループの会長に懲役2年6カ月の実刑判決が言い渡されました。  韓国ロッテグループ会長の重光昭夫被告は免税店の事業許可を得る見返りに、朴前大統領や親友の崔順実(チェ・スンシル)被告らに賄賂を贈ったとして在宅起訴されていました。13日の一審判決で、ソウル中央地裁は「不正な請託があった」と指摘し、重光被告に懲役2年6カ月の実刑判決を言い渡しました。重光被告は法廷内で身柄が拘束されたため、グループの経営に支障が出る懸念があります。