「FRBはクレージーだ」 トランプ氏が公然と批判

10/11 11:46 更新

 東京市場の下落の原因となったアメリカの株価急落を受け、トランプ大統領は中央銀行にあたるFRB(米連邦準備制度理事会)を「クレージーだ」と批判しました。  アメリカ、トランプ大統領:「FRBは誤りを犯している。引き締めすぎだ。FRBはクレージーだと思う」  アメリカでは今年に入ってFRBがすでに3回、利上げを実施して金融の引き締めを図っています。トランプ大統領は来月に控えている中間選挙に向けて景気への影響を懸念し、これまでも利上げに不満を示してきました。本来、独立しているFRBの政策について大統領が公然と批判するのは異例です。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2018