北米自動車ショー トランプ貿易政策に懸念相次ぐ

01/15 06:45 更新

 世界最大級の自動車見本市「北米自動車ショー」がアメリカで開幕しました。自動車への追加関税を検討しているトランプ大統領の貿易政策に対し、メーカーから懸念の声が上がっています。  北米トヨタ、ジム・レンツCEO(最高経営責任者):「現実にはアメリカだけでつくられている車はない。自動車業界は間違いなく追加関税分を値段に上乗せする」  北米トヨタのレンツCEOは、自動車関税が導入されれば消費者の負担が大きくなると述べ、トランプ大統領を牽制(けんせい)しました。また、スバルテクニカインターナショナルの平井社長は「米中貿易摩擦によって、北米市場の顧客の心理状態が冷え込んでいる」と分析しました。