“スパイ容疑の疑い”中国・大連で日本人逮捕へ

09/18 21:21 更新

 中国外務省は、中国東北部の遼寧省大連で国家安全を脅かした疑いがあるとして、日本人を調査していると発表しました。  中国外務省によりますと、「中国の国家安全を脅かした疑いがあり、現在、日本人に対して調査を行っている」と明らかにしました。そのうえで、「日中間の領事協定に基づき、日本政府に通知した」と説明しています。また、中国メディアは大連でスパイ容疑に関わったとして、日本人男性1人が18日にも逮捕されると報じています。大連では今年5月に、60代の日本人男性1人が「中国の国内法に違反した」として当局に拘束されていますが、この男性が今回、逮捕に至る可能性もあります。北京の日本大使館は「調査中だ」としています。