北朝鮮の非核化に向け協力を確認 米ロ高官が会談

02/12 12:13 更新

 アメリカ国務省で北朝鮮問題を担当する高官とロシアの外務次官らが会談し、朝鮮半島の非核化と平和構築に向けて協力していくことを確認しました。  ロシア外務省によりますと、アメリカのランバート国務次官補代理代行は11日、モスクワでロシアのモルグロフ外務次官らと会談しました。北朝鮮の核問題などについて、平和的な解決に向けた議論が交わされたということです。インタファクス通信によりますと、アメリカ側も「率直で建設的な協議だった」と評価しています。今月末に2回目の米朝首脳会談が予定されるなか、アメリカ側は北朝鮮の後ろ盾となってきたロシア側にトランプ大統領の意向を伝える狙いがあるものとみられます。