LAで公立学校教師らがスト 待遇改善求め30年ぶり

01/15 10:56 更新

 アメリカ・ロサンゼルスで、公立の小中高校の教師らが待遇改善を求めて30年ぶりにストライキに入りました。  デモに参加した教師:「(教材など)我々は自分のお金を生徒のために使っている」「時間外勤務の手当もない」  ロサンゼルスでは14日から、公立学校教師や図書館職員ら約3万2000人が1989年以来のストに入りました。教師らは市の中心部で、給与の引き上げや教育環境の改善を求めてデモ行進しました。ストの間は管理職や代理教師が授業をしていますが、いつ収束するか未定で、60万人以上の生徒に影響が出ています。アメリカでは教師の給与が他の職業の平均よりも14%以上低く、去年は8カ所でストが行われました。