米 制裁第3弾に中国政府は反論 報復措置を発動へ

09/18 19:17 更新

 アメリカのトランプ大統領が中国への制裁第3弾として約22兆円の輸入品への追加関税を発表したことについて、中国政府は反論し、報復措置を発動する方針を示しました。  中国外務省・副報道局長:「アメリカの措置に対し、中国は反撃せざるを得ない」  トランプ大統領は約5700品目の衣料品や食料品などの中国製品に対し、追加関税を24日に発動すると発表しました。税率は年内は10%、来年からは25%に上がります。これに対し、中国は「反撃せざるを得ない、断固として我々の正当で合法的な権益を守る」と述べ、アメリカと同じ24日に報復措置を発動する方針です。具体的な内容は明らかにしていません。また、「両国間の協議に新たな不確実性が生じた」と指摘し、いったんは同意していた閣僚級貿易協議の中止を示唆するなど、米中貿易戦争は泥沼化の様相を呈しています。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2018