聴取は14時間 朴前大統領が検察出る…無言で車に

03/22 07:19 更新

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領は21日、一連の国政介入事件を巡る14時間に及ぶ検察の事情聴取を終え、22日朝に検察を出て自宅に戻りました。  午前6時55分、朴前大統領が事情聴取を受けていた検察を後にしました。14時間に及ぶ事情聴取が終わった後も検察の中にいたと思われます。この時、記者から質問が飛び出ましたが、朴前大統領は無言で車に乗り込んでいきました。そして、ソウル市内の自宅に到着したということです。