実態不明の「新型戦術誘導兵器」 弾道弾ではない?

04/18 10:31 更新

 北朝鮮メディアは、金正恩委員長が新型の戦術兵器の発射実験を視察したと伝えました。非核化交渉が難航するなか、アメリカを牽制(けんせい)する狙いがあるとみられます。  北朝鮮メディアによりますと、金委員長は17日に新型の戦術誘導兵器の発射実験を視察し、「戦闘力の強化に大きな意味を持つ」と述べたということです。北朝鮮は去年11月にも新型戦術兵器の実験をしていますが、今回、実験した兵器がどういったものなのか詳しいことは明らかにしていません。弾道ミサイルの発射実験ではないとみられます。2月の米朝首脳会談が物別れに終わり、北朝鮮は非核化交渉でアメリカが一方的な要求をしていると不満を持っていて、軍事開発を進める姿勢を示して牽制する狙いがあるとみられます。CNNによりますと、「アメリカ軍はミサイルの発射は探知していない」ということです。