トランプ氏「容認できず」 米原子力潜水艦も韓国に

04/25 11:48 更新

 北朝鮮は25日、軍の創建85年の記念日です。北朝鮮の高官は「核攻撃手段は発射待機の状態にある」と威嚇していて、各国が核実験や弾道ミサイル発射の強行に警戒を強めています。日本とアメリカも警戒を強めています。日本は迎撃ミサイル「PAC3」を16カ所に配備、日本海にはイージス艦を展開しています。さらに、日本の海上自衛隊との共同訓練を終えたアメリカの空母「カール・ビンソン」は、アメリカのメディアによりますと、沖縄と九州の間付近を北上するとみられ、朝鮮半島近海を目指しているということです。  (高羽佑輔記者報告)  トランプ大統領は24日、国連安保理メンバー国の大使を集め、北朝鮮への制裁強化を訴えました。  トランプ米大統領:「北朝鮮の現状は容認できない。安保理は北朝鮮の核・ミサイル開発に対し、より強力な制裁を科す準備をしなければならない。これは世界に対する本物の脅威だ」  カール・ビンソンについて、国防総省は北上していると認めていて、北朝鮮包囲網を本格化させています。さらに、国防総省は有事の場合、沖縄のアメリカ軍を投入する可能性もあると明らかにしました。また、韓国の釜山に入った原子力潜水艦「ミシガン」ですが、CNNなどによりますと、誘導ミサイルを搭載し、レーダーに検知されずに攻撃する能力を持っています。この配備により、トランプ大統領が金正恩委員長の喉元にやいばを突き付けた形となります。アメリカの国連大使も「北朝鮮の出方次第では攻撃する」と明言していて、北朝鮮への包囲網が強化されています。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2017