ポルトガルで大規模な山火事 住民ら57人死亡

06/18 21:49 更新

 ポルトガル中部で大規模な山火事が発生し、車で避難しようとしていた住民ら少なくとも57人が死亡しました。  ロイター通信などによりますと、山火事は17日、ポルトガルの首都リスボンから約200キロ北にあるコインブラ付近で発生しました。火は強風にあおられて広がり、車で避難しようとした住民が逃げ遅れるなどして、これまでに少なくとも57人が死亡しました。また、消火にあたっている消防隊員ら59人がけがをしました。フランスやスペインからも支援の航空機が派遣されて消火活動が続いていますが、火の勢いは収まっていません。ポルトガルのコスタ首相は「近年で最悪の被害だ」と述べています。ポルトガルでは各地で40度を超える猛暑に見舞われていて、約60カ所で山火事が起きているということです。