正恩氏側近を制裁対象に “人権侵害関与”と米政権

12/11 14:56 更新

 アメリカのトランプ政権は北朝鮮の「深刻な人権侵害」に関与したとして、金正恩委員長の側近ら3人に制裁を科すことを決めました。  制裁対象に指定したのは、金委員長の側近で朝鮮労働党のナンバー2とされる崔竜海(チェ・リョンヘ)副委員長ら高官3人です。3人はアメリカ国内の資産が凍結され、アメリカ国民との取引が禁止されています。人権侵害に絡む北朝鮮高官の制裁指定は6月の米朝首脳会談の後、初めてで、北朝鮮の非核化が思うように進まないなか、揺さぶりをかけた形です。