記者不明で…トルコ政府がサウジ領事館内を捜索へ

10/10 10:32 更新

 サウジアラビア政府に批判的な記者がトルコにあるサウジアラビアの領事館を訪れた後に行方不明になっている事件で、トルコ政府は領事館内を捜索する見通しになったことを明らかにしました。  サウジアラビア政府に批判的な記事を執筆していたサウジアラビア出身のジャマル・カショギ氏は2日に婚姻手続きのためイスタンブールにあるサウジアラビア領事館を訪れた後、行方不明になっています。この事件についてトルコの国営放送は9日、領事館の防犯カメラとみられる画像を公開しました。2日の日付が記された画像には、カショギ氏が領事館に入っていく様子が写っています。また、トルコ政府は「サウジアラビア領事館の内部を捜索することになる」との声明を発表しました。サウジアラビア側が協力すると伝えてきたということです。サウジアラビア側は一貫して事件への関与を否定していますが、トルコ当局はカショギ氏は領事館の中で殺害された恐れが高いと指摘しています。