原子力空母 西太平洋北上中 朝鮮半島到着は来週か

04/19 11:46 更新

 15日にも朝鮮半島近海に近付くとみられていたアメリカ海軍の原子力空母「カール・ビンソン」が実際に到着するのは来週になるとアメリカメディアが報じました。  ニューヨーク・タイムズ紙によりますと、原子力空母のカール・ビンソンは8日にシンガポールを出港した後、実際には朝鮮半島には向かわず、オーストラリア海軍との合同演習に参加するため、南方のインド洋に向かいました。現在は北上していて、来週中に朝鮮半島近海に到着する見通しだということです。この原子力空母の動きは北朝鮮を牽制(けんせい)しつつ、中国の外交努力の行方も見極めるトランプ大統領流の“じらし戦術”だという指摘も出ています。