「日ロの潜在能力を最大限に」 河野外務大臣が意欲

01/14 18:46 更新

 日本とロシアの平和条約締結に向けての初の外相会談の内容が入ってきました。  河野外務大臣:「日本とロシアの間には大変、大きな潜在力があります。それを最大限、引き出す両国関係を作らなければなりません」  河野大臣とロシアのラブロフ外相は平和条約締結に向けた「新たな枠組み」での初めての外相会談を14日午後からモスクワで行っています。河野大臣は「平和条約について集中的に議論したい」と意欲を示しました。一方、ラブロフ外相は「ロシアと日本は様々な方面で発展しつつある。経済や安全保障の協力で潜在力がかなりある」と強調しました。