米軍の空中給油機墜落 大爆発か 乗員16人死亡

07/11 17:18 更新

 アメリカ軍の大型機が墜落し、16人が死亡しました。  CNNなどによりますと、アメリカ南部ミシシッピ州の大豆畑に、海兵隊の空中給油機が墜落し、乗っていた16人全員が死亡しました。機体の破片は約5キロ離れた場所まで散乱しているということです。この地域の住民への被害は分かっていません。墜落したのは空中給油機「KC130」で、大量の燃料を積んでいたため激しい爆発が起きたという情報もあります。KC130は在日アメリカ軍も運用していて、2014年に沖縄県の普天間基地から山口県の岩国基地に移駐されました。