中国・習主席が北朝鮮外相と会談 米朝和平の進展を

12/08 05:54 更新

 中国の習近平国家主席は、北京を訪れている北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相と会談し、非核化に向けて「アメリカと北朝鮮による積極的な和平の進展」を求めました。  中国国営メディアによりますと、習主席は「アメリカと北朝鮮が同じ方向に進み、互いの懸念に配慮したうえで前向きな進展を望む」と強調し、これに対して北朝鮮の李外相が「引き続き朝鮮半島の非核化に向けて取り組む」と答えたということです。2回目の米朝首脳会談は開催に向けて調整が進められています。中国は北朝鮮の「後ろ盾」として存在感をアピールしています。