ポーランドでイベント中に刺された市長が死亡

01/15 07:25 更新

 ポーランド北部で行われていたイベントに登場した地元の市長がナイフを持った男に襲撃された事件で、治療を受けていた市長が死亡しました。  ポーランド北部のグダニスクで13日、チャリティーイベントのステージにいたアダモビッチ市長が27歳の男にナイフで刺されました。市長は病院に運ばれて手術を受けましたが、14日になってポーランドの保健相が市長の死亡を発表しました。市長を刺した男はその場で取り押さえられた際、「無実の罪で収監された」と叫んでいて、政治的な動機で犯行に及んだとみられています。アダモビッチ市長は20年以上にわたって市政を担ってきた政治家で、性的少数者らの権利を守る進歩的な発言で知られています。