韓国初の女性外相任命 野党に大統領が理解求める

06/19 05:57 更新

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が新しい外相に国連事務総長の特別補佐官だった康京和(カン・ギョンファ)氏を任命しました。韓国では初めての女性の外相になります。  康氏について、韓国の野党は過去の不祥事を問題視して任命に同意していませんでしたが、文大統領は今月末に予定されている米韓首脳会談などに触れ、「外相の席はどうしても空けておくことはできない状況だ」と理解を求めました。康氏は慰安婦問題を巡る日韓合意について「不十分」と指摘する一方で、「合意は守るべきというのが国際社会の慣行」という考えを示しています。