油田都市キルクークでクルドと激しい戦闘 イラク軍

10/16 10:54 更新

 イラク軍はクルド自治政府が実効支配する油田都市キルクークを奪還するため進軍し、一部の地域では激しい戦闘が起きています。  イラク国営テレビは16日未明、イラク軍がクルド自治政府が実効支配するイラク北部の油田都市キルクークに進軍し、すでに広大な地域を制圧したと伝えました。一方、キルクーク南部の町では、イラク軍や共同作戦を行うシーア派民兵組織とクルド人部隊「ペシュメルガ」との間で激しい戦闘が起き、民間人も含めて死傷者が出ているということです。イラク有数の油田を抱えるキルクークはクルド自治政府が実効支配し、イラク政府と対立しています。9割以上がイラクからの独立に賛成した先月のクルドの住民投票を受け、緊張が高まっていました。