金正男氏殺害で北朝鮮籍の新たな容疑者 関与か

03/20 05:55 更新

 北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された事件で、マレーシア警察の長官は、新たな北朝鮮籍の容疑者の行方を追っていることを明らかにしました。  事件を巡って地元警察は、これまで北朝鮮籍の7人の行方を追っているとしていました。地元メディアによりますと、ハリード警察長官は19日、新たに複数の北朝鮮籍の容疑者が浮上していることを認めました。ただ、名前については明らかにしませんでした。一方、北朝鮮大使館では大量の粗大ごみが廃棄されていて、かくまわれているとされる容疑者らのためにスペースを確保しているという憶測を呼んでいます。