そろって反省も「殺すしかなかった」 逮捕の日本人

03/20 11:55 更新

 カンボジアで強盗殺人の疑いで逮捕された日本人の男は「殺すしかなかった」と供述しているということです。  中茎竜二容疑者(23):「(Q.亡くなった方には何か言葉は?)心から反省しております。申し訳ありませんでした」  石田礼門容疑者(23):「申し訳なく思ってます」  カンボジアで17日にタクシー運転手を殺害し、車を奪ったとして逮捕された中茎容疑者と石田容疑者はそろって反省の言葉を口にしましたが、殺意は否定しました。  中茎竜二容疑者(23):「そもそも運転手の方を殺害する意図はなくて、運転手の方が…」  中茎容疑者は調べに対し、「殺すしかなかった」と曖昧(あいまい)な供述をしているということです。2人は現在、シェムリアップの勾留施設に収容されています。