2025大阪万博の誘致 先端技術による貢献アピール

11/16 09:42 更新

 パリで開かれた博覧会国際事務局の総会で、日本は大阪への誘致を目指す2025年の万博について、先端技術による貢献をアピールしました。  プレゼンで日本は「未来社会の創造」をテーマの一つに掲げました。発展途上国に貢献してきた日本の技術を紹介するため、日本に留学したルワンダ出身の企業家らがスピーチしています。また、安倍総理大臣もビデオメッセージで「万全の財政措置で準備する」と政府のバックアップを約束しました。日本と開催を争うフランス、ロシア、アゼルバイジャンの3つの国もそれぞれのメリットを加盟国に訴えました。開催地は年明けにも予定される現地視察を経て、来年11月に決定されます。