MLBスター選手が日本人中学生に野球手ほどき

11/10 22:32 更新

 日米野球で来日しているアメリカ・メジャーリーグの現役スター選手が、日本の中学生のために異例の野球教室を開きました。  東京ドームで開かれたメジャーリーガーによる野球教室には、約30人の中学生が参加しました。このイベントはアメリカ大使館が2020年の東京オリンピックに向けたキャンペーンの一環として日米野球の開催に合わせてメジャーリーグと共同で主催したものです。中学生たちは緊張した様子を見せながらキャッチングの練習などをしました。  フィリーズ、リース・ホスキンス選手:「あんなに若いのに、多くの子どもたちの基礎がしっかりしていたことが印象的だった」  参加した中学生:「メジャーの選手はとても体もおっきくてかっこよかったです」  コーチを務めた選手たちは15日の第6戦までメジャーリーグオールスターチームとして日本の侍ジャパンと対戦します。