プーチン氏 トランプ氏の“情報漏洩”疑惑を否定

05/18 05:51 更新

 ロシアのプーチン大統領は、アメリカのトランプ大統領がロシアに機密情報を漏らしたとされる疑惑を否定し、「証拠を示す用意がある」と述べました。  ロシア、プーチン大統領:「ラブロフ外相とその件を話した。我々に報告しなかったため、外相を譴責(けんせき)することになる」  プーチン大統領は、「ラブロフ外相がトランプ大統領から伝えられた機密を報告しなかったため叱責(しっせき)した」と冗談を交えながらも疑惑を否定しました。また、「アメリカ政府が求めれば、会談記録をアメリカ議会に示す用意がある」とも述べ、トランプ大統領を擁護しました。ただ、このプーチン大統領の発言により、逆にトランプ政権に対して会談記録を示すよう求めるプレッシャーが強まる可能性も指摘されています。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2017