金委員長「安倍総理との対話にオープンな姿勢」

06/14 14:54 更新

 米朝首脳会談の際に金正恩委員長が「安倍総理大臣との対話にオープンな姿勢だ」と述べ、直接会談に前向きな姿勢を示していたことが分かりました。  政府関係者によりますと、12日の米朝首脳会談で金委員長がトランプ大統領に対して「安倍総理との対話にオープンな姿勢だ」と伝えたということです。また、金委員長は日本人の拉致問題について「解決済み」という従来の見解を示さなかったということです。日本政府は北朝鮮側が対話の可能性を排除していないとみて、安倍総理と金委員長の会談について、9月にロシアのウラジオストクで開かれる国際会議で接触することを視野に調整を進めています。