接待や商談に不向き? これも“ゴルフ”です

09/10 18:58 更新

 打ったらすぐに走る。世界で最も忙しいかもしれないゴルフ大会だ。  ゴルフといえば年を取ってからでもできる優雅なスポーツというイメージだが…。打った途端に走り出す。何を急いでいるのかと思いきや、これスピードゴルフと呼ばれる競技。通常のスコアに終了までにかかった時間が加算される。例えば、18ホールで80打。所要時間が50分だとするとスコアは130。当然、より少ないほうが勝ちだ。「ナイスショット!」だとか「ファー!」だとか言ってる暇はない。カップインしても誰かが祝福してくれるわけでもなく、ただひたすら次のホールに向けて全力疾走なのだ。なかにはバッグを担いだままプレーする選手も。この人は器用に片手で…。バッグを置く時間すら惜しいのか。恐らく、接待とか商談とかには不向きかもしれない。