正男氏殺害 北朝鮮大使館に容疑者の姿か

03/21 08:02 更新

 北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、容疑者の1人と酷似した人物が現地の北朝鮮大使館にいることが確認できました。  20日夜、クアラルンプールの北朝鮮大使館で、指名手配されている高麗(コリョ)航空職員のキム・ウギル容疑者に酷似した人物の姿をANNのカメラが捉えました。この人物は約2時間にわたってビリヤードに興じていて、リラックスした雰囲気で笑顔を見せる場面もありました。事件を巡っては、マレーシア警察の長官は、北朝鮮籍の容疑者ら3人が現在も北朝鮮大使館の中にかくまわれているという認識を示しています。