首席補佐官が辞任示唆か トランプ政権内情ガタガタ

02/10 11:51 更新

 トランプ政権からまた辞任の報道です。トランプ大統領の側近がスタッフのスキャンダルを巡って辞任を示唆したとアメリカのメディアが報じました。  ホワイトハウスでは、離婚した2人の妻に対して暴力を振るっていたなどと報じられたポーター秘書官が辞任しました。ABCテレビによりますと、このポーター氏を巡るホワイトハウスの対応にトランプ大統領が不満を示し、ポーター氏らを取り仕切る立場であるケリー首席補佐官が大統領に辞任しても構わない考えを伝えたということです。また、ニューヨークタイムズは、アメリカ司法省のナンバー3であるブランド司法次官も辞任すると報じました。ロシア疑惑の捜査を担当するローゼンスタイン司法副長官にトランプ大統領が圧力を掛けていて、ローゼンスタイン氏が辞任した場合、ブランド氏が担当になるため、その前に辞任するとみられているということです。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2018