マクロン政権反対デモ 仏で2000人近く拘束

12/10 00:41 更新

 フランス全土で起きたマクロン政権に反対する大規模デモで、フランス政府は2000人近くを拘束したと発表しました。  大規模デモから一夜明けたパリ市内は、暴動で燃やされた車を撤去したり、割られたガラスの後片付けに追われました。8日のデモではフランス全土で暴動が起き、これまでに2000人近くが一時、身柄を拘束されたということです。インターネット上では15日にもデモの呼び掛けがあり、政権批判の声は衰えておらず、マクロン大統領は窮地に立たされています。