「壁がなければ死」 トランプ氏が国境警備視察

01/11 12:40 更新

 メキシコとの国境に壁を造る予算を巡って対立が続くなか、アメリカのトランプ大統領は国境警備の現場を訪れて壁の必要性を強調しました。  トランプ大統領:「これは常識の範疇(はんちゅう)だ。国境を守るバリアも壁も必要だ。壁がなければ『死』を意味する」  テキサス州の国境警備の現場を視察に訪れたトランプ大統領はこう述べ、国境の壁の建設に意欲を示しました。しかし、野党・民主党は壁の建設予算に反対する姿勢を崩しておらず、事態打開のめどは立っていません。予算を巡る対立による政府機関の一部閉鎖は3週間目に入っていますが、トランプ大統領は強硬姿勢を崩しておらず、非常事態を宣言して国防総省の予算から捻出する案や国務省の海外援助関連の予算を流用する案などが検討されています。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2019