中国監視下で治療中の劉暁波氏 病状がさらに悪化

07/13 08:02 更新

 中国当局の監視下で末期がんの治療を受けているノーベル平和賞を受賞した民主活動家の劉暁波氏とみられる新たな映像がインターネット上に投稿されました。  これは劉氏が先週末、診察を受けた際のものとみられる映像です。ドイツ人の医師が「本人が希望しているので、劉氏を中国国外に連れ出したい」などと話す様子が映っています。投稿者は不明ですが、中国当局が「都合の良い情報だけを流している」という批判をかわすために公開した可能性があります。病院によりますと、危篤に陥っている劉氏の病状は12日にさらに悪化し、医師らは人工呼吸器などで生命を維持する必要性があると説明しましたが、劉氏の家族は拒否したということです。