新入国禁止令差し止めに不服 トランプ政権が上訴へ

03/18 11:50 更新

 イスラム圏6カ国からのアメリカへの入国を制限する新たな大統領令を巡り、トランプ政権は差し止めの仮処分を命じた連邦地裁の決定を不服として上訴する手続きに入りました。  アメリカ司法省は17日、上訴のための通告書を東部メリーランド州の連邦裁判所に提出し、「国の安全保障のため、大統領令を守る」という声明を出しました。新入国禁止令については、ハワイ州の連邦地裁が執行を全米で一斉に一時、差し止める仮処分を決め、メリーランド州の連邦地裁も同様の決定を出しました。トランプ大統領は「前代未聞の行きすぎた司法判断だ」と批判し、最高裁まで争う構えを見せています。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2017