トランプ大統領「金正恩委員長から美しい親書」

06/12 08:00 更新

 去年、シンガポールで開催されたアメリカと北朝鮮の初の首脳会談から12日でちょうど1年です。トランプ大統領は、北朝鮮の金正恩委員長から「美しい親書を受け取った」と明らかにしました。  トランプ大統領:「金委員長から美しい親書を受け取った。我々の関係はうまくいっている。親書をうれしく思う」  親書は10日に受け取りました。トランプ大統領は内容を明らかにしていませんが、「親書はとても素晴らしい内容だった。とても前向きなことが起きると思う」と述べました。3回目の米朝首脳会談については「実現はできるが、進展があった後の話だ」として、非核化での実質的な進展が条件になるという姿勢を崩していません。また、トランプ大統領は金委員長の兄の金正男(キム・ジョンナム)氏がアメリカのCIA(中央情報局)の情報提供者だったとする報道について「それに関する情報を見たが、これだけは言える。私の権限が及ぶ範囲ではそのようなことはさせない」と述べ、情報機関をこうした形で利用しない考えを強調しました。