人事でまた…トランプ氏指名の財務副長官候補が辞退

05/20 08:42 更新

 アメリカのトランプ大統領から財務副長官の指名を受けたジェームズ・ドノバン氏が辞退したと、アメリカメディアが伝えました。  アメリカのメディア「ポリティコ」によりますと、大手金融機関の幹部・ドノバン氏は、3月にトランプ大統領から指名を受けていましたが、今週、辞退を伝えました。ドノバン氏は声明を出し、理由について「家族を優先したいと思った」としています。財務省は国内の税制改革に着手していて、ナンバー2の不在が続くことは痛手になります。トランプ政権では、陸軍長官や商務副長官なども空席で、アメリカのメディアによりますと、約560の主要ポストのうち確定しているのが30ほどで、歴代政権のなかでも人事のつまずきが際立っているということです。