「平和に希望持てる」米国民も米朝会談に高い関心

06/12 11:52 更新

 アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長による首脳会談の時間がテレビのゴールデンタイムに重なったアメリカでは、各局が特別番組を編成するなど、高い関心を集めています。  テレビ各局は通常の番組内容を変更して会談の様子を伝えるなど、大々的に報じています。  アメリカ市民:「すごく興奮している。平和に強い希望が持てる。私は慎重に考えているが、楽観もしている」「これまでのトランプのやり方を見ると、実際の成果よりもショー的な要素が強いと思う」  世論調査では「トランプ大統領の交渉力に期待する」と回答した人は半数近くに上る一方、「非核化できる」と回答した人は2割弱にとどまっています。