C・ロナウド選手に性的暴行疑惑 米警察がDNA要求

01/11 11:59 更新

 サッカー界のスーパースター、クリスティアーノ・ロナウド選手が女性への性的暴行で訴えられ、アメリカの警察がDNA鑑定を求めていることが分かりました。  ロナウド選手は2009年にラスベガスでアメリカ人の女性に性的暴行を加えたとして訴えられていて、ラスベガスの警察が去年の秋から捜査を続けていました。ロナウド選手は当時、自身が滞在していたスイートルームのパーティーにその女性を招待していたということです。アメリカのウォール・ストリート・ジャーナルは10日、警察は女性のドレスに付着したDNAを採取していて、ロナウド選手が現在、イタリアのチームに所属していることから、イタリアの司法当局にロナウド選手のDNAサンプルを提出するよう要請したと報じました。ロナウド選手はこれまで疑惑を否定するコメントを繰り返しています。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2019