スプリンクラー設置されず? ロンドン火災12人死亡

06/15 11:49 更新

 ロンドンの高層マンションで14日に起きた火災では、これまでに12人の死亡が確認されています。このマンションでは去年、大規模な改修工事が行われました。その際、外壁に使われた建材か壁の内側にできた隙間が原因で火の回りが早まった可能性があります。さらに、地元メディアによりますと、スプリンクラーも設置されていなかったということです。  地元警察などによりますと、この火災でこれまでに12人が死亡、68人がけがをしています。イギリスメディアはマンションにスプリンクラーが設置されておらず、火災報知機も作動しなかったと伝えていて、住民らは以前から安全対策の改善を自治体に求めていたということです。さらに、非常階段も1つしかなかったということで、安全対策の不備が被害を拡大させた可能性もあります。  友人が行方不明の女性:「友人を捜しにきたが、まだ見つけられません。まだ閉じ込められている人もいるので、彼らの家族の安否も分かりません」  火災発生から丸1日が経っても火は完全に収まっておらず、いまだ多くの住民が取り残されたままとみられています。