陸自版海兵隊も参加 フィリピンで米軍と合同訓練

10/07 10:56 更新

 日本の陸上自衛隊の「水陸機動団」も参加したアメリカ海兵隊とフィリピン海兵隊の共同訓練の様子が公開され、離島防衛の機動性をアピールしました。  6日に公開されたのはフィリピン語で「海の戦士たちの協力」という意味をもつ、アメリカ海兵隊とフィリピン海兵隊の共同訓練「カマンダグ」です。  自衛隊員:「災害派遣の際の救援能力を上げるために参加しています」  日本の陸上自衛隊からも、3月に発足した「水陸機動団」がAAV(水陸両用車)を使って初めて参加し、負傷したという設定のアメリカやフィリピンの隊員を救出する訓練などを実施しました。各国が連携して離島防衛の能力の高さを示すことで、南シナ海などで海洋進出を進める中国をけん制する狙いもあるとみられます。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2018