日本にもイラン原油禁輸の例外措置適用…米報道

11/03 11:50 更新

 トランプ政権は各国にイランから原油を輸入しないよう求めていますが、8カ国については当面の輸入継続を認めると発表しました。日本もそのなかに含まれると報じられています。  トランプ政権は5日から発動するイラン制裁の第2弾として、各国にイランから原油を輸入しないよう求めています。ただ、ポンペオ国務長官は、8カ国について全く輸入しないのではなく、輸入の上限を設ける例外措置を取ると明らかにしました。「ブルームバーグ」は8カ国のなかに日本や韓国が含まれると報じました。例外措置は一時的なもので、原油価格の上昇を抑える狙いがあります。イランの核開発を制限する核合意からトランプ政権が離脱したのに伴って、5日から原油や金融など全面的な制裁が再開されます。