【報ステ】故金主席の生誕式典前に米朝で激しい舌戦

04/14 23:30 更新

 北朝鮮では15日、故金日成主席の生誕105年という重要な記念日を迎える。この日を前にアメリカ・北朝鮮双方から過激な発言が出ている。トランプ大統領は「北朝鮮は問題だ。問題には対処する」と述べた。一方、韓成烈(ハン・ソンリョル)外務次官は「核実験については我が最高指導部が決める問題。最高指導部が決心した時に核実験が行われる」と語るなど、米朝間の緊張感は高まっている。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2017