日本人の男 タイで逮捕 両替所で強盗未遂の疑い

11/11 06:22 更新

 タイのバンコクで、両替所から金を奪おうとしたとして日本人の男が逮捕されました。  目出し帽をかぶって両替所に近付く男。しかし、ドアに鍵が掛かっていたため、目出し帽を取って従業員に開けるようノックします。男は店内に入ると突然、ナイフを取り出し、「ギブ・ミー・マネー」と金を出すよう迫ります。従業員は慌てて店の裏へ逃げ込みます。男は店内を物色したものの、金目のものは見つからず、正面のドアの鍵が再び閉められたため逃げることもできません。結局、タイ警察に強盗未遂の疑いで逮捕されたのは、本籍が千葉県の斉藤拡和容疑者(33)です。警察の調べに「帰国するための金が必要だった」と容疑を認めていて、ANNの取材に対して「今月、観光するために1人でバンコクに来た。帰りの航空券は持っていない」と話しています。