北朝鮮の大学で最新“IT授業” ドアに“核警報”も

09/07 17:23 更新

 北朝鮮の大学で行われていたのは、最新のITを利用した授業だった。  建国70年を控えた北朝鮮。平壌入りした取材団に公開されたのは、幼稚園や小学校の教師を育てる大学。案内されたのは子どもたちへの教え方を学ぶという教室。相手はなんとバーチャル世界の子どもたちだ。英語の授業にはネット回線を使って地方の大学も参加して行われている。科学技術分野は近年、金正恩委員長が特に力を入れていて、教育分野にも様々な技術が導入されているという。一方で、教室のドアには核攻撃などに対する警報の説明が書いてあるなど、ピリピリした雰囲気も伝わってくる。9月9日には軍事パレードが行われる予定で、弾道ミサイルが登場するかなどが注目されている。