ニューヨークの象徴「クライスラービル」が売りに

01/10 17:25 更新

 ニューヨークを象徴するビルが売りに出されました。  1930年に完成したクライスラービルは、その芸術的なデザインでニューヨークを象徴するビルの一つとなっています。現在のオーナーはアラブ首長国連邦の政府系ファンドなどで、金融危機直前の2008年に約8億ドルで購入されました。売却先や金額については未定ということです。アメリカのウォール・ストリート・ジャーナルは、老朽化による維持管理費や改修費などの問題で販売額は購入額を下回る可能性があると指摘しています。