NYでヘリ墜落パイロット死亡 現場は飛行制限も

06/11 11:45 更新

 ニューヨークの中心部で高層ビルの屋上にヘリコプターが墜落し、乗っていたパイロット1人が死亡しました。  雨のなか、上空を旋回するヘリコプター。事故直前の様子とみられますが、突然、急降下するなど不安定な飛行を繰り返していました。日本時間の11日午前2時半すぎ、マンハッタンの中心部で50階建て以上のビルの屋上にヘリコプターが墜落し、一時、火災が発生しました。機体は墜落した衝撃でバラバラになり、パイロット1人が死亡しましたが、他にけが人は出ていません。当局はテロではないとしていますが、事故の詳しい原因は分かっていません。現場はトランプ大統領の私邸があるトランプタワーから1キロほどの場所で、飛行制限があるエリアでした。