航行の自由作戦 中国「強烈な不満、断固反対」

07/03 14:55 更新

 アメリカ軍は2日、中国などの海洋権益の主張に対抗する南シナ海で「航行の自由作戦」を実施しました。中国外務省は「断固反対だ」などと強く反発しています。  アメリカ国防総省関係者によりますと、2日に海軍のミサイル駆逐艦「ステザム」が南シナ海の西沙諸島のトリトン島周辺で中国などの海洋権益の主張に対抗する航行の自由作戦を行いました。これに対して、中国外務省の陸慷報道局長は談話を出し、「アメリカ軍の艦艇が中国の領海に無断で入ってきた。中国は直ちに軍の艦艇と戦闘機を派遣し、警告して追い払った」と主張しました。そのうえで、「中国の主権を著しく侵害する深刻な政治的・軍事的な挑発行動である」と非難し、「強烈な不満を示し、断固反対だ」と強く反発しました。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2017