大規模サイバー攻撃 英中部の日産工場でも被害

05/14 06:26 更新

 世界各地で大規模なサイバー攻撃が起きた問題で、日産自動車は、イギリスの工場が被害を受けて、一時、操業が停止したことを明らかにしました。  イギリスのBBC(英国放送協会)は、ロシアやヨーロッパを中心にこれまでに100の国と地域でサイバー攻撃の被害が確認されたと報じています。イギリス中部サンダーランドにある日産自動車の工場でも12日、システムの障害が起きて、一時、操業停止に追い込まれました。また、イギリス国営の医療制度のサーバーも被害を受け、一部の地域では13日も診療が再開できませんでした。このサイバー攻撃はマイクロソフト社の基本ソフト「ウィンドウズ」を標的にしていて、コンピューター上のファイルを使えなくしたうえで、元に戻すために金を要求する「身代金要求型ウイルス」が使われているとみられています。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2017