米が5日から追加制裁 イラン経済にさらなる打撃

11/05 05:55 更新

 原油の輸入禁止などを柱にしたアメリカによるイランへの追加の経済制裁が5日から実施されます。すでに実施中の制裁の影響で、低迷するイラン経済にはさらなる打撃となります。  テヘラン市民:「もちろん100%(制裁の)影響はある。毎日の買い物がすごく高くなっている」  アメリカが8月に再開した経済制裁の影響で、イランでは食料品や日用品などがすでに大きく値上がりしています。イランは国家歳入の3割を原油から得ていますが、アメリカはその輸入禁止などを柱とする追加の経済制裁を5日から実施します。日本など8カ国は輸入禁止の適用を除外されていますが、イラン経済への打撃は大きく、国民の不満も高まりを見せています。