米共和党議員ら銃撃 容疑者はサンダース氏支持者か

06/15 09:32 更新

 アメリカの首都ワシントン近郊で共和党の議員らが男に銃撃されて5人がけがをした事件で、死亡した容疑者の男は民主党の支持者とみられています。  捜査当局によりますと、14日朝、バージニア州アレクサンドリアの野球場で男が議員らに銃を発射し、共和党下院の幹部、スティーブ・スカリス議員ら5人がけがをしました。アメリカメディアによりますと、スカリス氏は当初、容体が安定していましたが、手術の後、重体に陥っているいうことです。銃撃したジェームズ・ホッジキンソン容疑者(66)は警察官に撃たれ、その後、死亡しました。ホッジキンソン容疑者は民主党のサンダース議員の支持者で、アレキサンドリアに3月から住み始め、車上生活をしていたとみられます。サンダース氏は「卑劣な行為に心を痛めている。どのような暴力も許されるものではない」と強い口調で非難しています。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2017